ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2018年11月29日 07時43分 公開

「Project Fi」が「Google Fi」に名称変更、iPhoneにも対応

Googleが、2015年から米国で提供しているMVNOサービス「Project Fi」を「Google Fi」に名称変更し、サポート機種を拡大してiPhoneでも利用可能にした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは11月28日(現地時間)、米国で提供しているMVNOによるモバイル通信サービス「Project Fi」の名称を「Google Fi」に変更し、サポート機種を拡大したと発表した。米Appleの「iPhone」でも利用できるようになった。

 fi 1 ロゴも刷新した

 Project Fiは、2015年4月に開始したサービス。米Sprintと米T-Mobileの回線、信頼性が高いとGoogleが判断したWi-Fiスポットを利用し、通信を暗号化することで高速でセキュアなサービスの提供を目指している。料金体系もシンプルで、使いすぎを防ぐための「Bill Protection」サービスもある。

 fi 2

 これまではNexusやPixelシリーズ、韓国LG Electronicsの一部のモデルなどでしか使えなかったが、iPhoneの他、韓国Samsung Electronics、中国Lenovo傘下のMotorola、中国OnePlusなどのAndroid端末での利用も可能になった。

 iPhoneはまだβ対応で、対応するAndroid端末より設定に少し手間がかかるという。利用するためには、AppleのApp StoreからiOS版のGoogle Fiアプリをインストールして設定する必要がある。

 fi 3 iPhoneにはβ対応

 Google Fiを利用するには、米国の住所と米国のクレジットカードが必要だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.