ITmedia NEWS >
連載
» 2018年12月21日 07時00分 公開

荻窪圭のデジカメレビュープラス:初めてのレンズはなぜ単焦点がいいのか (1/4)

実は先日、新しく発売されたレンズを買っちゃったのである。シグマの「56mm F1.4 DC DN」。明るい単焦点レンズ。楽しいですな。

[荻窪圭,ITmedia]

 実は先日、新しく発売されたレンズを買っちゃったのである。

 シグマの「56mm F1.4 DC DN」。明るい単焦点レンズ。マイクロフォーサーズ機に付けると、35mmフィルム換算で112mm相当の中望遠レンズになる。

 楽しいですな、明るい単焦点レンズ。

2018年11月22日に発売された「56mm F1.4 DC DN」のマイクロフォーサーズ版。軽くてコンパクトでよく写るコストパフォーマンスが非常に高いレンズ
さっそく撮ったのが黒猫

 初めてデジタル一眼を買う人の多くは「レンズキット」を買うと思う。

 レンズキットのレンズは基本的に「広角から中望遠の便利なズームレンズ」(標準ズームと呼ばれる)。クオリティよりも携帯性や利便性、コストを重視したレンズで、俗に「キットレンズ」とも呼ばれている。最近は小型化を重視した繰り出し式レンズも多い。

キヤノン「EOS Kiss M」と標準ズームレンズ(いわゆるキットレンズ)。コンパクトにするため沈胴式になっている

 キットレンズは小さくて便利だが、それだけではデジタル一眼ならではの楽しさを味わうには心許ない、というか、弱い、というか、ちょっとレンズを追加すればもっとデジタル一眼らしい写真を撮って楽しめるのに。

 そういう人に、2本目のレンズとしてお勧めすべきは何か。

 たぶん多くの人が「単焦点レンズ」と答えるかと思う。わたしもそう答える。

 高倍率ズームレンズは便利だけど、それまで使ってるレンズとかぶっちゃうし。

 さらに高性能なズームレンズ、となると価格が10万円を軽く超える。

 キットレンズではまかなえない、超広角ズームや望遠ズームとなると……活躍の場が少ない。「こういう写真を撮りたい」とか「カメラという趣味にハマってしまってもっといろんな写真に挑戦したい」という人じゃない限り、超広角や超望遠は不要なものだし、望遠ニーズがある人は(子供の運動会を撮りたいとか)最初から、ダブルズームキットを買うということにして。

 で、買ってみようかなと思える手頃な価格で、1本余計に持って行こうかなと思える携帯性で、標準ズームとは明らかに異なった写真を撮れる、となると、明るい単焦点レンズが一番なのである。

単焦点レンズは手頃でコンパクト
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.