ITmedia NEWS >
レビュー
» 2019年01月19日 07時00分 公開

荻窪圭のデジカメレビュープラス:面白い動画を簡単に 「insta360 ONE X」は遊ぶための全天球カメラ! (4/5)

[荻窪圭,ITmedia]

 テーブル三脚に設置して公園のベンチの上からinsta360 ONEとONE Xで撮り比べてみた。

insta360 ONE。撮影した全天球画像で真下を見たところ。カメラの真下あたり、かなりずれてるのが分かる
insta360 ONE X。撮影した全天球画像で真下を見たところ。少しはマシになったがちょっとずれてる

 さらに、アプリで「ステッチ機能の最適化」を行うと、ぐっと良くなる。

ステッチ機能の最適化をオンにするとつなぎめを処理してくれる
最適化後。不自然さはあるがズレが目立たなくなった

 狭いところで撮影した後は最適化をかけておきたい。それでつなぎ目が分からなくなるはずだ。

ユニークな動画を簡単に作れるのがinsta360の面白さ

 さて動画である。全天球動画は最高のクオリティーにしたとき、5Kで30fps。4Kよりさらに高解像の映像を録れるのは素晴らしい。VR動画を楽しもうと思うとより高い解像度が必要になる。

 では撮ってみよう。

動画モードで撮影中の画面。Wi-Fiで接続し、画質を落としたプレビュー画像を常に見せてくれる

 素晴らしいのは「FlowStateブレ補正」。

 これをオンにすると手持ちで適当に撮ってもブレをきれいに抑えた映像にしてくれるのだ。

 試しに、insta360用自撮り棒に装着し、歩きながら、低い位置においたカメラを上に持ち上げた動画がこちら。

 カメラの位置を大きく動かしているのに動きにブレがない。

 で、ここからがinsta360 One Xの真骨頂。

 この全天球5K動画を料理して、フルHD動画を作るのである。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.