ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2019年03月14日 09時59分 公開

Microsoft、直近アップデートを自動アンインストールする機能をテスト中

Microsoftが、Windows 10の直近のアップデートでPCが起動できなくなった場合に、自動的にアンインストールする機能をWindows Insider向けに追加した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftが、「Windows 10」のアップデートによりエラーが発生した端末で、アップデートを自動的にアンインストールして端末を動作可能な状態に戻す機能をテスト中だ。この機能に関するサポートページについて米ZDNetが3月12日(現地時間)に報じた。

 記事公開後、Microsoftはサポートページを更新し、この機能がWindows Insiderのみの機能だという告知を追加した。また、適用対象をビルド1903、つまり“春の大幅アップデート”バージョンとした。

 inst 1

 WindowsがPCが正常に起動できないことを検出してその原因の診断と解決を試み、直近の更新プログラムが原因の可能性があると判断した場合、最終手段として更新プログラムをアンインストールするという。その際、以下のようなメッセージが表示される。

 uninst 2

 更新プログラムのアンインストールでPCが起動した場合、そのPCでは30日間は自動更新しないようにする。その間に原因を解析・解消するという。

 前回のWindows 10の大幅アップデート、「October 2018 Update」では、提供後にユーザーからの複数の報告を受けて一時的に提供を停止し、約1カ月後にようやく再開した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.