ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年04月03日 07時00分 公開

特集・RPAで仕事が変わる:「幻滅期」は来るのか? RPAの未来を予言してみる (1/3)

RPAが大きな注目を集めているが、ロボットが当たり前にいる時代の私たちの働き方は将来どうなっていくのか? 「新しい働き方」について具体的に考えてみたい。

[小林啓倫,ITmedia]

 RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の導入が拡大している。今年2月、矢野経済研究所は国内のRPA市場に関するレポートを発表し、2018年度の同市場規模が前年度比134.8%増の418億円になると予測した。17年に比べて倍以上の拡大ということで、いかにRPAが注目を集めているかが分かるだろう。

RPA 矢野経済研究所の発表

 RPAは人間がPC上で行っている操作を、ソフトウェアで自動化するツールだ。マクロやテスト自動化ツールが高度化し、多種多様な作業をより簡単に自動化できるようにしたアプリケーションと考えると理解しやすいだろう。

 後述するように、一部では「RPAは幻滅期に入りかけている」とみる動きもあるが、まだまだRPAに期待する声は根強い。RPAが注目される理由はさまざまだが、今回はこれからRPAがどう進化していくのか、それによって私たちの働き方がどう変わるのかを考えてみたい。

「クラス2」へ向かうRPA

 RPAは今後、AI(人工知能)と融合し、より複雑な作業もこなせるようになる――いま多くの人々がこう主張し、RPAの進化を予想している。例えば総務省はRPAの解説ページにおいて、RPAの技術レベルを3つに分けるモデルを紹介しており、最高位となる「クラス3」では、「プロセスの分析や改善、意思決定までを自ら自動化するとともに、意思決定」を行うようになるとしている。

RPA 総務省はRPAの進化を3段階に分けるモデルを紹介

 こうした予想もしくは期待に呼応するかのように、このところRPAベンダー各社は、AI技術への対応を積極的に進めている。特に目立つのは、前述のモデルで言う「クラス2」に当たる、非構造化データへの対応だ。

 例えば英国のRPAベンダー大手のBlue Prismは昨年11月、「Blue Prism Digital Exchange(DX)」というサービスを立ち上げた。サイト内では「AIやコグニティブなど、革新的なテクノロジーを利用・共有するためのオンラインマーケットプレイス」と解説されている。サードパーティーが開発した、Blue Prismに組み込み可能なAI機能を探せる場所だ。ユーザーはこれを通じて、AI-OCRや自然言語処理、感情分析といった機能をRPAツールに簡単に組み込めるようになる。

 また日本でシェアを急速に拡大している米UiPathも、今年1月、日本のベンチャー企業AI insideが提供するAI-OCRソリューション「DX Suite」との連携を実現する開発キットの配布を開始した。これにより同社のRPA製品「UiPath」上から、API連携によって簡単にAI-OCRを利用できるようになるそうだ。

 人間が行う業務のプロセス内には、何かしらの非構造化データが関係するステップが発生することがある。例えば顧客からのリクエストやクレームをお客さま窓口で受け、クレーム内容を手書き書類にし、関係部署に送付するといった具合である。

 もちろん最近では全ての工程がデジタル化され、手書き書類など発生しないことの方が普通だろう。しかし特にRPAの導入が検討されるような「隠れた定型作業」では、これまで人間が担当することで表に出なかった「隠れた非構造化データ」が存在することが珍しくない。またそこに一定のルールを当てはめ、データを構造化しようとしても、「他の会社が書類を作成するためルールを強制できない」といった話になることも多い。

 それをRPAで対応可能にすることで、RPAを導入できる業務の範囲は大きく広がる。例えばみずほフィナンシャルグループは、AIベンチャーのギリアらと共同で、AIとOCR、RPAを組み合わせた手書き・非定型帳票のデータ入力を自動化するシステムを開発し、「AOR(AI+OCR+RPA)ソリューション」と名付けた。

 口座振替依頼書(これは発行する事業者や自治体でフォーマットがバラバラで、みずほ銀行内では数十万種類に達していたそうだ)の読み取りと内容登録を対象にした実証実験では、人による手入力作業がおよそ8割削減できる効果が認められたと発表している。

 みずほフィナンシャルグループは、この「AORソリューション」を他の地域金融機関に提供することを検討している。要は金融機関向けの業務に特化したRPAを、AIとOCRを活用して開発・パッケージ化し、それを外販するというわけだ。今後はこうした業界・業務に特化したRPAパッケージも増えてくるだろう。

「幻滅期」を乗り越える

 これでますますRPAに対応可能な業務が増え、さらにRPAの導入が加速する――果たしてそうスムーズに進むだろうか?

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.