ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年04月03日 07時41分 公開

Twitter、アカウントロックの異議申し立てをアプリからも可能に 60%迅速対処

Twitterでアカウントをロックされたユーザーは、これまでWebブラウザからしか異議申し立てできなかったが、モバイル公式アプリから申請できるようになった。

[ITmedia]

 米Twitterは4月2日(現地時間)、アカウントをロックされた際の異議申し立てを、公式アプリ内からもできるようにしたと発表した。これまではTwitterが用意したフォーマットから申し立てる必要があった。

 この改善により、(申し立てが認められた場合の)復帰が従来より60%速くなったとしている。


 Twitterがツイートした、アプリ内で申し立てを始めたところからの手順を説明する動画によると、まずロックの原因となったツイートと、そのツイートがなぜ問題だったのかの説明が表示される。その下に、アンロックの申請方法の説明と申請を開始するための[Start]ボタンが表示される。これをタップすると[Remove]ボタンが表示され、これをタップすると問題になったツイートを削除できる。

 lock 1 アプリ内で問題ツイートを削除できる

 削除したツイートは2週間「このツイートはTwitterルールに違反したため、もう表示されません」と表示される

 アンロックを申請するには、次の画面で申し立てする理由を入力し、[Finish]ボタンをタップする。

 lock 2 アプリ内からのロックへの異議申し立て

 Twitterが紹介した例は、「おまえをナイフで刺し殺してやる」というツイートが利用規約違反だとしてロックされたユーザーが、「これはあるゲームについての友達同士の冗談であって、実際の脅しではない」という申し立てを入力している。

 Twitterは、「われわれは利用規約執行のために迅速に動くが、時にはミスも犯す。これを改善するためアプリからの異議申し立てを可能にした」としている。

 日本の2日、Twitterではアカウントが突然ロックされたという報告が相次いでいた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.