ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2019年04月10日 10時38分 公開

Qualcomm、サーバ向けAIプロセッサ「Cloud AI 100」を2020年出荷へ

Qualcommが、データセンターのサーバなどでのAI処理向けプロセッサ「Cloud AI 100」を発表した。年内にプロトタイプの提供を開始し、2020年中には製品版を出荷する計画だ。

[ITmedia]

 米Qualcommは4月9日(現地時間)、データセンターのサーバなどを想定したAI処理向けプロセッサ「Cloud AI 100」を発表した。AI推論処理の高速化を目的に、ゼロから設計したとしている。

 qualcomm 1

 詳細はまだ公表していないが、年内にプロトタイプの提供を開始し、2020年に製品版を出荷する予定という。

 モバイルプロセッサのSnapdragonシリーズで知られる同社だが、5Gモデムも提供している。「われわれは、5Gで接続したクラウドツーエッジのAIソリューションを支援するのに最適なポジションにある」とQualcomm Technologiesのキース・クレシン上級副社長。

 7nmプロセスによるCloud AI 100は、AI推論処理専用に設計されており、ワット当たりの性能は現行の最先端のAIソリューションの10倍という。米Googleの「TensorFlow」、「PyTorch」「Glow」「Keras」「ONNX」を含む多数のソフトウェアをサポートする。

 発表文には米Microsoftの「Microsoft Azure」担当幹部が「Qualcomm Technologies とMicrosoftは、多くの分野で協力を続けている」というメッセージを寄せている。

 サーバ用AIプロセッサは、GoogleAmazon(AWS)AppleTeslaも開発中だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.