ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2019年02月20日 08時57分 公開

Qualcomm、理論値で下り7Gbpsの第2世代5Gモデム「Snapdragon X55」

Qualcommが、同社としての第2世代5Gモデム「Snapdragon X55」と小型5Gアンテナ「QTM525 5G mmWave」を発表した。年内に搭載端末が登場する見込みだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Qualcommは2月19日(現地時間)、5Gモデム「Snapdragon X55」を発表した。5Gモデムとしては昨年2月発表のX50に続く第2世代になる。

 x55 1 「Snapdragon X55」モデム(右)と「QTM525 5G mmWave」アンテナ(左)

 向こう数カ月中にOEM各社への提供を開始し、このモデム搭載の端末は年内に登場する見込みだ。

 下り速度が50Xより40%高速化し、理論的には7Gbpsの通信が可能という。また、「5G NR」の、現行の4Gと電波特性が近い6GHz以下の低周波数帯「sub-6GHz」をサポートする。

 また、Qualcommの小型アンテナモジュール「QTM525 5G mmWave」もサポートするので、スマートフォンの小型化に貢献する。

 X55はスマートフォンだけでなく、PCや自動車などによる採用も見込んでいるという。

 x55 1

 Qualcommは現在、米Appleと係争中で、米Appleは次期iPhoneでQualcommのモデムは採用しないと語った。Appleがモデムを自社開発中といううわさもある。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.