ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2019年04月15日 10時59分 公開

Oculusの一部コントローラに“不適切な”イースターエッグ刻印 共同創業者がツイート

Facebook傘下のOculus VRの共同創業者でVR製品責任者のミッチェル氏が、これから出荷予定の「Oculus Quest」と「Oculus Rift S」のコントローラの一部に“不適切な”イースターエッグが潜んだまま出荷されるとツイートした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebook傘下のOculus VRの共同創業者で、現在FacebookのVR製品責任者を務めるネイト・ミッチェル氏は4月12日(現地時間)、これから出荷するVRヘッドセット「Oculus Quest」と「Oculus Rift S」の一部のコントローラの内部に、プロトタイプだけのつもりだったイースターエッグの印字がついたままになっていることを、自身のTwitterアカウントで明らかにした。


 開発者向けの一部のコントローラには「Big Brother is Watching」や「Hi iFixit! We See You!」などのメッセージが、製品版の一部のコントローラには「This Space For Rent」や「The Masons Were Here」などのメッセージが刻印されているという。いずれも外からは見えないようだ。

 easter egg
 easter egg 2 ネイト・ミッチェル氏

 ミッチェル氏は、「イースターエッグの楽しさは理解しているが、これらは不適切で取り除くべきだった」が、ハードウェア性能には支障がないので、このまま出荷するという。製造工程を修正したので、こうしたことは二度と起きないとしている。

 親会社のFacebookは、プライバシー問題などを外部から指摘されてから認めることが多いが、ミチェル氏は話題になる前に開示することにしたようだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.