ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年05月17日 09時11分 公開

Googleの「音声文字変換」アプリ、「ドアノック」などの表示や結果保存機能追加へ

Googleが2月に発表したユーザー補助アプリ「Live Transcribe(日本では「音声文字変換」)」の6月のアップデートで、笑い声や拍手、犬の鳴き声などの言葉以外の表示と、字幕のコピー・保存機能が追加される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは5月16日(現地時間)、2月に発表した「Live Transcribe(日本では「音声文字変換」)」の6月に予定している次期アップデートでの新機能を紹介した。

 音声文字変換は、音声をリアルタイムで文字に変換し、字幕(transcript)にして表示する、聴覚障害者支援目的の「ユーザー補助」アプリ。現在早期アクセスプログラムで希望者に公開している。日本語を含む70カ国語に対応している。

 transcript 1 「音声文字変換」は現在限定公開中

会話以外の、犬の鳴き声やドアのノックも表示

 現在は人間の話している言葉だけが文字に変換されているが、手を打つ音や笑い声、犬の鳴き声、ドアのノックなども表示するようになる。聴覚障害者にとってはこうした情報も重要だ。

変換後のテキストが保存可能に

 現在は変換後のテキストは表示するだけで保存できないが、これをコピーして端末内に保存できるようになる。保存できる期間は3日間。この機能は聴覚障害者だけでなく、外国語の学習者やインタビューを録音したいジャーナリストなどにとっても便利だろう。

 transcript 2 言葉以外の表示(左)とコピー機能(右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.