ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年06月21日 06時12分 公開

Slack、NYSEに上場 初値は参考価格を約50%上回る38.50ドル

企業向けコラボレーションツール「Slack」を運営する米Slack TechnologiesがNYSEに上場した。Spotifyと同様に、IPOではなく、直接上場だった。初値は参考価格を約50%上回る38.50ドル。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 企業向けコラボレーションツール「Slack」を運営する米Slack Technologiesは6月20日(米国時間)、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場した。ティッカーシンボルは「WORK」。

 slack 1 NYSEのオープニングベルを鳴らすSlackのスチュワート・バターフィールドCEO(中央)

 スウェーデンSpotifyと同様に、新たな株式は発行せずに、自社の株式を直接証券取引所に登録する「直接上場」という方法での上場。NYSEは19日に参考価格を26.00ドルに設定したが、初値はそれを大きく上回る38.50ドル、終値は38.62ドルだった。

 slack 2

 直接上場では、新しい株式を売却しないため、企業は追加の運営資金を獲得しない。既存の株主が株式を公開市場に売りに出すために登録することによって、流動性を得るのが目的だ。Slackは既に8億ドル以上の現金を手元に持っているので、当面資金調達の必要はない。

 Slackは日本を含む世界150カ国以上でサービスを提供しており、DAUは1000万人。有料プランを採用する企業ユーザーは前年比50%増の8万5000社としている。

 スチュワート・バターフィールドCEOは公式ブログでユーザーやチームなど関係者に感謝の言葉を述べ、「すべての人の生活を、よりシンプルで、より楽しく、より生産的にし続けることを約束する」と語った。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.