ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2019年06月28日 19時52分 公開

「Adobe CC」、次期メジャーアップデートで32bit版Windowsをサポートせず Acrobatを除く全アプリで

米Adobe Systemsは、次期メジャーアップデートの際にAdobe Creative Cloudのアプリケーションについて32ビット版のWindowsをサポートしないと発表した。

[谷井将人,ITmedia]

 米Adobe Systemsはこのほど、クリエイティブツールをサブスクリプションで使える「Adobe Creative Cloud」(Adobe CC)の次期メジャーアップデートから、PDF管理アプリ「Adobe Acrobat」を除く全アプリで32ビット版Windowsをサポートしないと発表した。

photo

 現行バージョンのAdobe CCアプリの多くは、既に64ビット版Windows環境を必須としていたが、次期バージョン以降は、「Illustrator CC」「InDesign CC」などを含む全てのアプリが64ビット版のみをサポートする。

photo

 Adobeは、より新しいバージョンのWindowsへの対応に集中することで、ユーザーが求める機能の開発やソフトの性能強化を実現するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.