ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2019年07月01日 15時28分 公開

1円玉より軽い昆虫型ドローン、太陽光発電で単独飛行実現 昆虫の推力効率に匹敵

電力から得られる推力の効率はハナバチなどの昆虫に匹敵。研究チームは「持続的に単独飛行できる飛行ロボットとしては世界最軽量だ」と話している。

[井上輝一,ITmedia]

 昆虫のような羽根を持つ小型飛行ロボットの、外部からの電源供給を必要としない単独飛行に成功した──こんな研究結果を、米ハーバード大学の研究チームが発表した。

 ハーバード大学の研究チームが作製したのは、約2センチの薄い羽根を4枚搭載する小型ドローン「RoboBee-X-Wing」。昆虫のように2対の羽根を羽ばたかせることで揚力を発生させる。60ミリグラムの太陽光発電パネルを機体上部に搭載し、光を浴びることで飛行に必要な電力を得られる。

約2センチの薄い羽根を4枚搭載する小型ドローン「RoboBee-X-Wing」
羽ばたき方羽ばたき方 画面向かって上下2対の羽根を左右に振るように羽ばたく(Nature Videoより)
ライトに向かって飛行するRoboBee-X-Wing

 外部電源からの供給なしで昆虫サイズのロボットを飛行させるのは積載能力や重量の関係で困難とされたが、研究チームは機体や搭載電子機器の軽量化と、4枚羽根飛行による推力効率の向上で単独飛行を実現した。

太陽光発電パネルや電子機器を取り除いた機体部分

 機体は全長10センチ弱程度の大きさだが、搭載電子機器を含めた重量は259ミリグラムと、1円玉(1グラム)の4分の1程度まで軽量化している。

 飛行時に消費する電力は110〜120ミリワットで、電力から得られる推力の効率はハナバチなどの昆虫に匹敵するという。研究チームは「持続的に単独飛行できる飛行ロボットとしては世界最軽量だ」と話している。

 同研究結果は、米科学雑誌Natureに6月26日付で掲載された。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.