ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2019年07月29日 11時08分 公開

TeslaのマスクCEO、ダッシュボードでのYouTubeとNetflix対応を予告

Teslaのイーロン・マスクCEOが、6月に発表したダッシュボードでのゲームプレイ対応に続けて、YouTubeとNetflixの動画ストリーミング対応を予告した。いずれも停車中にのみ利用可能だが、将来完全自動運転が可能になれば、走行中も利用できるようにするとしている。

[ITmedia]

 米Teslaのイーロン・マスクCEOは7月28日(現地時間)、同社の車両で“間もなく”YouTubeとNetflixの動画をストリーミングできるようにするとツイートした。ただし、安全のため停車中のみ可能にする。


 「快適なシートとサラウンドサウンドシステムで、映画館のような素晴らしい、没入できる感覚を楽しめる」としている。Teslaのダッシュボードは、例えばモデルSの場合は17インチ、モデル3は15インチだ。

 マスク氏は続けて、規制当局が完全自動運転を承認したら、移動中でも動画を鑑賞できるようにするともツイートした。

 twit

 マスク氏は6月には、米Bethesdaの「Fallout Shelter」や米Vector Unitの「Beach Buggy Racing」などのゲームをダッシュボードでプレイできるようにすると予告した。こちらは8月のアップデートで実現する予定だが、動画ストリーミングサポートは2、3カ月先になる見込みだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.