ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2019年07月30日 14時30分 公開

“味のVR”コンテンツ登場 フローズンが「いちご」「レモン」味などに変化 嗅覚デバイスを活用

VR(仮想現実)映像に合わせて匂いを出すデバイス「VAQSO VR」を開発するVAQSOなどが、味覚を変化させるコンテンツ「Tasted VR」を発表した。

[井上輝一,ITmedia]

 VR(仮想現実)映像に合わせて匂いを出すデバイス「VAQSO VR」を開発するベンチャーのVAQSO(バクソー)は7月30日、CG制作のORENDAと共同開発した、味覚を変化させるコンテンツ「Tasted VR」(テイスティッドブイアール)を発表した。VRヘッドセットを被ったユーザーが現実世界でフローズンを飲む際、いちご味やレモン味などの香りを出す。

味覚を変化させるコンテンツ「Tasted VR」(テイスティッドブイアール) フローズンの味が匂いで変わる
「Tasted VR」のデバイス構成図 VIVEに両眼カメラとVAQSO VRを搭載

 ユーザーは、VAQSO VRを搭載したVRヘッドセット「HTC VIVE」に両眼カメラを取り付けたデバイスを装着。カメラがあるため、ヘッドセットを被ってもVR映像越しに外の様子を確認できる「MR」(Mixed Reality:複合現実)のような状態になる。

 この状態でVIVEコントローラーのボタンを押し、VAQSO VRから香りを出しながら、フローズンを飲む。すると、いちごの香りであればいちご味、レモンの香りであればレモン味に感じられる仕組みだ。その際、いちご味なら現実世界のフローズンの入れ物に3D映像のいちごを重ねて表示するなどして、没入感を高める。

 ボタンを押すことで「いちご」「レモン」「メロン」「ブルーハワイ」の4種類を自由に切り替えられるため、同じフローズンを飲んでいても、味が次々に切り替わるような感覚を得られる。

VAQSOVAQSO 香りとともに見た目もメロンやブルーハワイに切り替わる

 VAQSOの川口健太郎CEOは、「味は風味(嗅覚)が90%、五味(あま味・酸味・塩味・苦味・うま味)が10%」だと説明する。ベースとなるフローズンは甘酸っぱい味にし、VAQSO VRからフルーツの香りを出すことで“味のVR体験”ができるという。

 川口CEOは、同技術の応用先として宇宙食を挙げる。「砂糖水と香りのカードリッジだけでジュースを再現できる可能性がある。(それぞれの味のジュースを宇宙空間に持っていく場合と比べて)持っていくものがコンパクトになる」と話す。

 まずは一般からのフィードバックを得るため、カラオケファンタジー新宿東口店の店頭で8月3〜4日に体験会を開く。開催時間は午前11時〜午後6時で、価格は380円(税込)。川口CEOは「今後はアミューズメント施設などで、飲料のプロモーションにも活用できれば」と意気込んでいる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.