ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2019年08月20日 19時37分 公開

体温でDNAを5000倍に増幅する人工細胞、東北大などが開発

東北大学と東京工業大学の研究グループは、37度という人間の体温と同じ環境で、特定のDNAを5000倍に増幅する人工細胞を開発した。

[井上輝一,ITmedia]

 東北大学と東京工業大学の研究グループは8月20日、37度という人間の体温と同じ環境で、特定のDNAを5000倍に増幅する人工細胞を開発したと発表した。体内に微量にある分子の検出や、分子ロボットの制御機構、がんの診断・治療などに応用が見込めるという。

DNAを増幅する人工細胞のイメージ(研究グループ作成)

 研究グループが開発したのは、「DNA増幅回路」を組み込んだ人工細胞。人工細胞は細胞膜と同様の脂質で物質を包み込んだ小胞体で、リポソームとも呼ばれる。グループが作製した人工細胞に「入力信号」となるDNAを注入し、37度の環境で経過観察したところ、「出力信号」となるDNAが2時間で、反応前に比べて5000倍に増幅されたという。

 また、入力信号となるDNAの他、光の照射で増幅反応を開始することにも成功した。これにより、任意の位置・タイミングでのDNA増幅反応の制御が見込める。

 遺伝子でもあるDNAだが、人が塩基配列を設計することで、生体内で働く分子ロボットや人工細胞を制御する信号としての役割が期待されている。研究グループは、「分子ロボットなどを制御するには多量の信号DNAが必要だった」として、今回の研究成果が分子ロボットなどの制御に有用という見方を示している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.