ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2019年09月26日 08時28分 公開

Facebook、ARメガネと世界の3Dマップ「LiveMaps」構築を正式発表

FacebookがAR/VR関連イベント「Oculus Connect 6」で、ARメガネを開発していることを正式に発表した。このメガネで見るための3Dマップ「LiveMaps」も構築中だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは9月25日(現地時間)、AR/VR関連イベント「Oculus Connect 6」を開催した。その基調講演で、VR/AR担当のボズことアンドリュー・ボスワース氏が「ARメガネ」を開発中だと発表した。今後数年間で実現するとしている。

 ar 1 ARメガネを開発中だと発表するアンドリュー・ボスワース氏

 このメガネで体験するために世界を3Dマップ化するプロジェクト「LiveMaps」も立ち上げた。FacebookのAR/VR部門であるFacebook Reality LabsがAR体験のためのコアインフラとして構築する。ユーザーがスマートフォンなどで撮影した画像をクラウドソースとして利用し、マッピング技術やマシンビジョンを使って世界中を3Dマップ化する計画だ。まずはラボのキャンパスのマッピングと、ジオタグ付きのイメージを生成している。

 ar 2 LiveMapsの構造概念図

 ARメガネでは、周囲をリアルタイムで再構築するのではなく、こうした3Dマップを利用することで、メガネへの負荷を削減する。また、仮想コンテンツをARにオーバーレイすることで、現実世界に直接情報(オブジェクトの説明やリマインダーなど)を表示することも可能にする。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.