ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2019年10月18日 08時04分 公開

「Pixel 4」は「目を閉じている場合でもロックが解除されることがあります」──ヘルプページより

間もなく発売のGoogleの新スマートフォン「Pixel 4」の顔認証は、目を閉じていてもロック解除できる。ヘルプページにも明記されており、BBCの記者が実際にやってみた動画をツイートした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleが10月22日に世界で発売する予定の新フラグシップ端末「Pixel 4」の顔認証は、目を閉じていても機能すると、英BBCのクリス・フォックス記者が17日(現地時間)、実演動画をTwitterで公開した。


 Googleがオリジナル端末で顔認証を採用するのはPixel 4が初めてだ。iPhoneの「Face ID」と同様に顔面に照射するドットを赤外線カメラで認識し、マッピングする仕組み。なお、Face IDは目を閉じているとロック解除できない。

 face 1 Pixel 4の上部に並ぶIRカメラとドットプロジェクター

 認証用の顔データはTitan Mチップに保存され、Googleに送られることはないという点でプライバシーは守られるが、目を閉じていても機能してしまうと、寝ていたり、死んだ場合、端末を第三者がユーザーの顔に向ければロック解除できてしまうことになる。

 face 2

 Pixel 4のヘルプページには、それが明記されている。いわく、「お持ちのスマートフォンが自分以外の人によって顔の前に掲げられたとき、目を閉じている場合でもロックが解除されることがあります。スマートフォンは常に、安全な場所(前ポケットやハンドバッグなど)に置いておきましょう。危険な状況に備えるには、ロックダウンをオンにする方法をご確認ください。」

 face 3 ヘルプページの記述

 GoogleはBBCへの声明文で「今後も顔認証の改善を続けていく」と述べた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.