ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年10月28日 09時45分 公開

Googleカレンダー、Webブラウザで「cal.new」と入力すると予定入力ページが開くように

Webブラウザのアドレスバーに「cal.new」あるいは「meeting.new」と入力するだけで、Googleカレンダーの新規予定入力ページが開くようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは10月24日(現地時間)、Webブラウザのアドレスバーに「cal.new」あるいは「meeting.new」と入力するだけでGoogleカレンダーの新規予定入力ページを開けるようにしたと、公式Twitterアカウントでツイートした。

 WebブラウザでGoogleカレンダーの新規予定入力ページを開くには、通常はGoogleカレンダーを開き、新規予定入力ボタンをクリックし、詳しい予定にするにはさらに「オプション」をクリックする必要がある。このプロセスが、cal.newと入力するだけで完了する。

 言語を英語以外に設定していても利用できる。

 cal 1 アドレスバーに「cal.new」と入力
 cal 2 予定入力ページが開く

 Chromeの他、FirefoxやMicrosoft Edgeなど、他のWebブラウザでも利用できる。Googleアカウントにログインしていない場合は、ログインを求められる。

 同社は1年前、「doc.new」でGoogleドキュメントを開けるようにした。「sheet.new」や「slide.new」でスプレッドシートやスライドの新規文書も開ける。

 これは、Googleが「.new」というトップレベルドメイン(gTLD)を持っているので実現できた。同社はインターネットドメイン管理団体ICANNが2011年6月に自由化する方針を発表した後、「.docs」や「.apps」など多数のgTLDを申請した。.newは2014年に取得している。

 特に発表はないが、「keep.new」と入力してみたところ、「Google Keep」の新規メモ作成ページが開いた。

 「mail.new」と「contacts.new」も試してみたが、今のところ機能しないようだ。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.