ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2019年08月16日 07時32分 公開

Googleアシスタントにリマインダーを家族に送る“アサイン”機能 「パパ、ゴミ出しお願いね」

Googleアシスタントに、「ねぇGoogle、パパに朝8時にゴミ出しするようリマインドして」などと命令することで、家族宛のリマインダーを設定できるようになる。まずは米国の英語版から。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは8月15日(現地時間)、音声アシスタント「Googleアシスタント」の新機能「Assignable reminder」を発表した。自分以外の、例えば家族にリマインダーを送れる機能だ。まずは米、英、オーストラリアで英語で使えるようになる。

 子どものお迎えやゴミ出しなど、夫婦で分担しているタスクを思い出してもらったり、子どもの テストの日の朝に「がんばってね」とメッセージを送ったりできる。

 家族向けのリマインダーを作るには、「ねぇGoogle、グレッグ(夫の名前)に朝8時にゴミ出しするようリマインドして」などと命令する。

 asign 1 アサインリマインダーの作成

 リマインダー作成のタイミングで、グレッグのスマートフォン、スマートスピーカー、スマートディスプレイに通知が表示(再生)され、指定した時間に再度表示(再生)される。

 asign 2 送られてきたアサインリマインダー

 リマインダー作成者は「ねぇGoogle、グレッグへのリマインダーは何?」と尋ねることで相手へのリマインダー一覧を確認できる。他のリマインダー同様、位置情報ベースのリマインダーもサポートするので、「ねぇGoogle、クレア(娘の名前)がサンフランシスコフェリービルに行ったら花束をピックアップするようリマインドして」などの命令も可能だ。

 アサインリマインダーをやりとりできるのは、Googleファミリーグループに登録したメンバーか、スマートスピーカーやスマートディスプレイにVoice Matchでアカウントをリンクしているメンバーだ。また、互いの「連絡帳」に登録されている必要もある。

 Googleアカウントを自分で管理できない13歳以下であってもファミリーリンク経由でメンバーに加えることができる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.