ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2019年11月11日 14時29分 公開

「aibo」がプログラミング可能に 同じコードでも動き方は“機嫌次第”

ソニーが犬型ロボット「aibo」のAPIを公開し、aiboの動きをプログラミングできるようにした。aiboの感情次第で同じプログラムを実行しても動き方が変わる仕組み。

[谷井将人,ITmedia]

 ソニーは11月11日、犬型ロボット「aibo」のAPIを公開した。プログラムでaiboの動きを自由に操作できるようになるが、aiboの気持ちによって動き方が変わったりするという。

photo

 APIは開発者向けのライセンスプログラム「aiboデベロッパープログラム」を通して無償提供する。趣味やプログラミング教育、研究といった用途の他、自社システムと連携させて受付ロボットとして利用するといった用途に活用できるとしている。

 一般的なAPIと異なり、同じプログラムを実行しても同じ挙動を示すとは限らない。例えば、吠えるように命令しても、機嫌がいいときは明るく吠え、機嫌が悪いときには怒ったように吠える。プログラムでは機嫌を制御できないため、明るく吠えさせるにはaiboをなでたり褒めたりして機嫌をとる必要があるという。

 子どもやプログラミング初心者向けに、命令が書かれたブロックを組み合わせるだけでプログラミングできる「aiboビジュアルプログラミング」も提供する。

photo

 今後のアップデートで、開発者からユーザー向けにaibo用アプリケーションを配布できるようにする仕組みや、音声認識キーワードを設定できるようにする仕組みなども実装する予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.