ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年11月14日 06時53分 公開

「Disney+」開始初日に障害はあっても1000万人加入

Disneyが11月12日に米、カナダ、オランダでスタートした定額動画配信サービス「Disney+」の初日加入者数は1000万人を超えた。19日にはオーストラリアとニュージーランドでもスタートする。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Walt Disney Companyは11月13日(現地時間)、12日にスタートした定額動画配信サービス「Disney+」の初日の加入者数が1000万人を超えたと発表した。

 disney

 スタート段階でアクセスが殺到し、接続障害が発生したが、Downdetectorによると、同日午後にはほぼ正常に戻った。

 Disney+は月額6.99ドル(年額69.99ドル)だが、傘下のHuluなどと抱き合わせた月額12.99ドルのサービスもあり、米Verizonの一部プラン利用者は1年間無料で利用できる。1000万人という加入者数に無料ユーザーが含まれるかどうかは公表されていない。また、最初の1週間は無料トライアルになっているので、1週間後に解約するユーザーがいる可能性もある。

 disney 2

 Disney+が利用できるのは、スタート段階では米国、カナダ、オランダのみ。19日にオーストラリアとニュージーランドでも開始する。

 ちなみに、競合する米Netflixが発表した第3四半期の有料加入者数は、米国内だけで6000万人以上、世界では約1億6000万人だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.