ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年11月15日 09時09分 公開

Google検索結果に発音練習機能と画像表示

モバイルのGoogle検索で例えば「quokkaの発音は?」などと検索すると、音声での発音を再生できるだけでなく、マイクに向かって発音して練習できる機能が、まずは米国の英語版で可能になった。単語の翻訳や定義の検索では画像が表示されるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは11月14日(現地時間)、Google検索の2つの新機能を発表した。単語の翻訳や定義の検索結果に画像を表示する機能と、単語の発音を検索するとその単語の発音練習ができる機能(こちらはまずは米国の英語のみ)だ。

単語の翻訳・定義の検索で画像表示

 例えば「洗濯ばさみを英語で」と検索すると、翻訳カードの下に洗濯ばさみの画像が複数表示される。

 word 1 翻訳カードの下に画像が表示される

 日本語でもいくつかの単語でカードが表示されたが、Googleはまず英語で対応したとしている。

 翻訳だけでなく、「define ○○」と○○の定義を検索しても同様に画像が表示される。

 word 1

モバイルアプリ「Google」で単語の発音練習

 こちらはまだ米国の英語のみの対応。モバイル版Googleで「how to pronounce ○○(○○はどう発音する?)」と入力すると、従来通りの○○の発音を音声で再生できるカードが表示され、そこに新たにマイクアイコンが追加された。これをタップして○○を発音し、正しく発音できていないとどこに問題があるか指摘される。さらに、その部分の発音を練習するためのサンプルが表示される。

 word 2 発音練習

 この機能は、音声認識技術と機械学習で構築した。音声認識技術で単語の音を細かいサウンドバイトに分離し、機械学習で入力結果の発音と正しい発音を相互参照する。

 これらの機能は今後、段階的に他の言語、地域で利用できるようにしていく計画だ。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.