ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年11月20日 19時23分 公開

開く位置が自在に変わるホームドア、JR西が試作 多様な車種に対応

JR西日本が、列車の到着位置や扉の数に応じて、開口部の位置を変えられるホームドアの試作機を発表。建設中の「うめきた(大阪)地下駅」への導入を目指す。

[ITmedia]

 JR西日本は11月20日、列車の到着位置や扉の数に応じて、開口部の位置を変えられるホームドアの試作機を発表した。建設中の「うめきた(大阪)地下駅」(仮称、2023年春に開業予定)への導入を目指す。

 同駅には多様な車種が発着する予定だが、他社が開発中のホームドアでは全車種への対応が難しいため、開発に踏み切ったという。

photo

 ホームドアの試作機では、1枚の親扉と2枚の子扉をセットにし、上部から吊り下げる形で連続で配置している。子扉は親扉の裏側に収納でき、セット全体も左右に動くため、開口部を自在に変えられる。

 駆動部や配線を扉の上部に設けたマシンケースに収納することで、扉本体をスリム化している点も特徴だ。

photo

 発着する列車の車種・編成は、車両に搭載したIDタグと2Dセンサーで判別する。ホームドアと利用者の衝突などを防ぐセンサーも搭載する。

photo

 JR西は「こうした方式のホームドアは世界初」と説明する。今後は実用化に向け、さらなる開発・検証を進めるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.