ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年11月21日 09時12分 公開

Sonos、プライバシー重視の音声アシスタントのSnipsを3750万ドルで買収

Sonosがオフラインでも機能するプライバシー重視の音声アシスタントを提供する新興企業Snipsを3750万ドルで買収した。自社製スマートスピーカーに搭載する計画だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米オーディオメーカーSonosは11月20日(現地時間)、プライバシー重視の音声アシスタントを開発する仏新興企業Snipsを買収したと発表した。買収総額は約3750万ドル(約40億円)。

 sonos

 Snipsは2013年創業の、パリに拠点を置く非公開企業。従業員数は約50人で、ニューヨークと東京にも拠点を持つ。クラウドにデータを送らずに、ローカルで音声命令を処理するプライバシー重視の音声アシスタントを手掛ける。開発者キットにより、開発者や企業は自社製品にSnipsの音声アシスタントを搭載できる。単純なコマンドであればオフラインで機能するので、プライバシーが守られるだけでなく、Wi-Fiに接続できない家電などでも音声で操作できる。日本通運、仏BNP Paribas、蘭NXPなどがSnipsの技術を採用している。

 Sonosは現在、米Amazon.comの「Alexa」と米Googleの「Googleアシスタント」で操作できるスマートスピーカーを販売している。Snipsを買収することで、じしゃ製品でこれらの音声アシスタントと並行してSnipsのアシスタントも利用できるようにする計画だ。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.