ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2019年12月09日 12時05分 公開

「Google Glass」のExplorerエディション、2020年2月でサポート終了

Googleが2012年に発表し、2015年に販売を終了したARメガネ「Google Glass」の一般向けモデル「Explorer Edition」のサポートが来年2月25日に終了する。現行の企業向け「Enterprise Edition」は提供を継続する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleが2012年に発表したAR機能搭載のメガネ型コンピュータ「Google Glass」の「Explorer」エディションのサポートを、2020年2月25日に終了する。米Android Policeが12月6日(現地時間)、サポートページに基づいて報じた。

 glass 1

 Exploreエディションは、2015年まで米国などで販売されていた一般ユーザー向けの製品。販売終了後もソフトウェアアップデートは継続していたが、このアップデートが最終になる。アップデートしても2020年2月25日以降はバックエンドサービスへの接続ができなくなり、MyGlassアプリも使えなくなる。それ以降は、スマートフォンとBluetooth接続でペアリングすることは可能だ。

 なお、企業向けの「Enterprise Edition」は対象ではなく、引き続きパートナーを通じて提供していく。

 glass 2 「Enterprise Edition」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.