ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年12月12日 13時02分 公開

FacebookとGoogleが、Glassdoorの「働きやすい企業」ランキングでトップ10圏外に

米キャリア情報サイトGlassdoorによる毎年恒例の「雇用者が選ぶ最も働きやすい企業」ランキングの米国版で、上位の常連だったGoogleとFacebookがそれぞれトップ10圏外に落ちた。

[佐藤由紀子,ITmedia]
 glass トップ40

 米キャリア情報サイトGlassdoorが毎年発表する「雇用者が選ぶ最も働きやすい企業」ランキングの米国の2020年度版で、前回7位だったFacebookが23位に、前回8位だったGoogleは11位に、いずれもトップ10圏外に転落した。首位は2019年度は16位だったマーケティングツール企業HubSpotだった。

 恒例の働きやすい企業ランキングは、過去1年に同サイトのメンバーである企業の従業員から寄せられたアンケート結果に基づいている。このアンケートでは、福利厚生や企業モラル、経営陣の指導力、ワークライフバランスなどについて質問している。

 Facebookは近年、プライバシーやフェイクニュースなどの問題で批判されている。あるブランド担当の従業員はアンケートで「気が遠くなるほど多いネガティブな報道に対処しなければならないが、それも仕事のうちだ」としている。Googleについては昨年11月から、労使の対立がたびたび報じられるようになっている。

 IT系企業として上位に入っているのは、5位のDocuSign、8位のUltimate Software、12位のMicrosoft傘下のLinkedIn、20位のNVIDIA、21位のMicrosoftなど。さらにみると、69位にSlackが、84位にAppleが入っている。Amazonは100位以内には入っていない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.