ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年12月13日 07時08分 公開

「Apple News」が初の米大統領選民主党討論会共催者に

AppleがApple Newsとして、2020年米国大統領選挙の民主党候補者による民主党討論会の初の共催者になる。Twitterもディベートパートナーを務めるが、Facebookは不在だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米民主党全国委員会は12月12日(現地時間)、2020年米国大統領選挙の民主党候補者による民主党討論会の今後のスケジュールを発表した。その中で、2月7日にニューハンプシャー州マンチェスターで開催する討論会をAppleのニュースサービス「Apple News」がABC、WMUR-TVと共催することが分かった。Apple Newsが討論会を主催するのはこれが初。

 doc 民主党討論会の今後のスケジュール

 また、2月25日のサウスカロライナ州チャールストンでの討論会では、Twitterがディベートパートナーを務める。2012年と2016年に討論会の共催を務めたFacebookは、今のところ名前が挙がっていない(米Axiosより)。

 doc 2 7月にCNNが主催した候補者討論会

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.