ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2019年12月19日 15時20分 公開

IBMの量子コンピュータ、日本上陸へ 東大が旗振り役、「オールジャパン体制で量子技術に取り組む」

IBMが日本に量子コンピュータを設置する。東大との連携で、「東京大学量子イニシアティブ構想」の第1弾。IBMの量子コンピュータが設置される国としては、米国、ドイツに続き3番目。

[井上輝一,ITmedia]

 東京大学と米IBMは12月19日、量子コンピュータに関するパートナーシップを締結し、日本にIBMの量子コンピュータを設置すると発表した。2020年内に稼働を始める。IBMの量子コンピュータが設置される国としては、米国、ドイツに続き3番目となる。

日本アイ・ビー・エムの拠点に設置される量子コンピュータの最新モデル「IBM Q System One」

 東大とIBMのパートナーシップは、同日に東大が発表した「東京大学量子イニシアティブ構想」の第1弾。同構想は、国内外の企業や研究機関と協力して量子コンピュータ利用に関する知見を集め、国内の人材育成や研究開発を進める。

 IBMと連携し、日本に量子コンピュータを設置することで、量子アルゴリズムやアプリケーションの研究・教育や、日本の製造業と連携した量子ハードウェア開発を進めていく。

 日本国内の設置拠点は2カ所で、最新モデルの「IBM Q System One」は日本アイ・ビー・エムに、ハードウェア開発などに用いる実験的な量子コンピュータは東大の本郷キャンパスに設置される。いずれも2020年内に稼働予定で、日本アイ・ビー・エム内のIBM Q System Oneは日本企業のみが独占して利用できるという。

東大の五神真総長

 本郷キャンパスには量子ハードなどの技術開発を行うための「量子システム技術センター」を開設する。キャンパス内には研究交流スペースを設置し、量子コンピュータ関連のセミナーやワークショップを開催するという。

 東大の五神真総長は、「現実の空間だけでなく、サイバー空間も持続可能にしていく未来の技術が量子技術と考えている。量子コンピュータの研究や実利用、人材育成にオールジャパン体制で取り組んでいきたい」と構想の狙いを話した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.