ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2019年12月25日 17時46分 公開

サッカーの勝敗をAIでリアルタイム予測 ディープラーニングで480試合を学習 電通など3社が開発

電通など3社が、AIを使ってサッカーの試合映像を分析し、勝敗をリアルタイムに予測するシステムを開発した。対戦チームそれぞれが勝つ確率と引き分けの確率を算出し、パーセンテージで表示する。国際試合などのサッカー大会への導入を目指す。

[ITmedia]

 電通は12月25日、AIでサッカーの試合映像を分析し、勝敗をリアルタイムに予測するシステム「AI11」(別名「AI ELEVEN」)を開発したと発表した。ボールと選手の動きを基に、対戦チームそれぞれが勝つ確率と引き分けの確率を算出し、パーセンテージで表示する仕組み。

photo 試合状況から勝敗をリアルタイムで予測

 東アジアサッカー連盟主催の国際試合「EAFF E-1選手権」約480試合分のデータをディープラーニングで学習させることで、勝ち負けを予測するロジックを構築したという。

 開発には、サッカー関連のビッグデータの収集・分析を行う韓国のTeam Twelveと、電通傘下のAIベンチャー、データアーティストが協力した。

 3社は、12月10〜18日に韓国・釜山で行われた国際試合「EAFF E-1サッカー選手権2019大会」に、AI11を試験的に提供。韓国や中国などで、テレビ中継の途中に、AI11による勝敗予想を放送した。

photo 中継で放映された予想結果

 今後もコンテンツ配信企業と協力し、国際試合をはじめとするサッカー大会への導入を目指すという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.