ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年01月17日 07時50分 公開

Microsoft、2030年までに「カーボンネガティブ」になると宣言 10億ドルファンド設立

Microsoftが2030年までにカーボンネガティブ(排出するよりも多くの二酸化炭素を除去する)になり、2050年までに同社が創業以来排出してきた二酸化炭素をすべて除去するという目標を掲げた。関連技術開発のために向こう4年間で10億ドルを投じるファンドも設立した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは1月16日(現地時間)、2030年までに「カーボンネガティブ」になることを含む環境問題への取り組みを発表した。また、この目標達成のために10億ドル(約1100億円)のファンドを設立したことも発表した。

 carbon 1 「カーボンネガティブ」宣言をするMicrosoft。左から、ブラッド・スミスCLO(最高法務責任者)、エイミー・フードCFO(最高財務責任者)、サティア・ナデラCEO

 カーボンネガティブとは、排出するよりも多くの二酸化炭素を除去するということ。Microsoftは2012年に排出量と除去量をプラスマイナスゼロにする「カーボンニュートラル」を達成したが、これはオフセットによる間接的な方法が主で、「それでは不十分だ」であり、「大気からの炭素除去が急務であると考えている」としている。

 同社はさらに、2050年までに「1975年の創業以来、われわれが直接または電力消費によって排出してきたすべての炭素を環境から除去する」という目標も掲げた。

 carbon 2 「1975年の創業以来、排出してきたすべての炭素を2050年までに環境から除去する」

 10億ドルのファンドは、炭素削減および除去のための技術開発に今後4年間にわたって投入する。

 グローバルなキャンパスでの車両の電動化、植林、土壌炭素隔離などに取り組む他、サプライヤーと顧客企業による炭素排出量削減も、技術提供などで支援していく。例えば、Azureの顧客に対し、炭素排出量を追跡・報告のための「持続可能性計算ツール」を提供する計画だ。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.