ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年02月04日 12時31分 公開

「Pixel 4」のSoliレーダーによるジェスチャー機能「Motion Sense」、日本で利用可能に

「PIxel 4」最大の売りだが日本の事情でこれまで使えなかった「Motion Sense」がアップデートで利用可能になる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Googleは2月4日、米国などでは発売段階から使えているPixel 4のジェスチャー機能「Motion Sense」が日本でも利用可能になったと発表した。同日よりシステムアップデートをロールアウトする。

 Motion Senseは、Pixel 4のトップベゼルに搭載された「Soliレーダー」によって実現する空間認識による操作機能。センサーに人が近づいたり、センサーの前で手を振ったりする動作に反応する。

 pixel 2 Pixel 4のトップベゼル

 日本ではSoliレーダーが使用する60GHz周波数帯の電波利用が承認されるのを待つ形になっていた。Googleは発表段階で「2020年春から使える」と予告していた。

 システムアップデートが適用されると、[設定]→[システム]の「Motion Sense」が設定できるようになる。

 Googleは、着信音やアラーム音をセンサーの近くで手を振るだけで止めたり、手を近づけると音が小さくなったりする機能により、あわてて電話を取らずに誰からの着信かを落ち着いて確認できると説明した。

 また、誰かが0.6メートル以内に近づくとそれを検知し、顔認証の準備をする。そのため、「世界最速の顔認証」を実現できるという。

 Pixel 4の画面を常にオンにする設定にしていても、人が遠ざかると画面をオフにする機能もある。Mosion Senseを有効にすると、バッテリーの消費はわずかに増えるが、この機能でバッテリーの節約にもなるという。

 その他、音楽再生中に次の曲・前の曲に曲送りができる機能もある。今のところ、サードパーティ製アプリでこの機能を追加するためのAPIの提供については未定としている。

動画が取得できませんでした

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.