ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年02月12日 22時44分 公開

シャープの8K液晶テレビ、8K/60pと4K/120p入力が可能に 18年以降のモデルで

シャープは、8K対応液晶テレビ「AQUOS 8K」のファームウェアアップデートを2月下旬から実施。8Kの60fpsと4Kの120fps入力に対応する。

[ITmedia]

 シャープは、8K対応液晶テレビ「AQUOS 8K」のファームウェアアップデートを2月下旬から実施し、HDMI 2.1で規定された8Kの60fps(毎秒60フレーム)と4Kの120fps入力に対応すると発表した。

「AQUOS 8K」(写真は18年発売のAX1シリーズ)

 対応機種は、2018年と2019年に発売した「AQUOS 8K」3シリーズ6機種。いずれも「入力6」がHDMI 2.1準拠となり、1本のHDMIケーブルで8Kや4Kを入力できる。2017年に初の民生用8K対応テレビとして登場した「LC-70X500」は対象外。

 4Kの120fps表示については、ソニーが2020年中の市場投入を予定している次世代ゲーム機「PS5」での対応を示唆している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.