ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年02月13日 10時27分 公開

Google、絵文字を組み合わせた「ハート付きうんち」などを使える「Emoji Kitchen」開始

Googleのキーボードアプリ「Gboard」で、「ハート付きうんち」や「悲しい顔をしてキス」などの“ミックス絵文字”を使えるようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは2月12日(現地時間)、Android向けキーボードアプリ「Gboard」の新機能「Emoji Kitchen」を発表した。2つの絵文字をミックスしてカスタマイズした絵文字を使える。同日からすべてのGboardユーザー向けにロールアウトしていく。

 emoji 1 2つの絵文字をミックスした新しい絵文字を使える

 Gboardをメインのキーボードに設定し、Gmail、Googleのメッセージ、メッセンジャー、Snapchat、Telegram、WhatsAppなどのアプリでの入力で絵文字を選ぶと使える(本稿執筆現在、筆者のGboardではまだできない)。

 自分で新しい絵文字を作れるわけではないようだ。公式ブログには、「絵文字をタップすると、Googleのデザイナーが特別に手作りしたステッカーが(候補として)多数表示される」とある。


 上で紹介したハート付きうんちの他、「ロボット+悲しい顔=悲しい顔のロボット」や「悲しい顔+ハートキス=悲しい顔をしたままのハートキス」など多数のミックス絵文字が用意されている。

 emoji 2

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.