ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年03月03日 17時37分 公開

楽天モバイル、MVNOサービスは4月7日に新規受け付け終了 正式キャリアサービス開始に伴い

楽天モバイルは、4月7日にMVNOサービスの新規受け付けを終了する。MVNOユーザーのMNOへの移行を促していく。

[井上輝一,ITmedia]

 楽天モバイルは3月3日、携帯キャリア(MNO)正式サービスの開始に伴い、MVNOサービスの新規受け付けを4月7日に終了すると発表した。

楽天モバイルのMVNOプラン

 楽天モバイルのMVNOサービスのユーザー数は、19年12月時点で約230万人。MVNOユーザーは4月8日からMNOサービスへ移行できるようになる。楽天モバイルはMNOの正式プランで、300万人を対象に1年間無料で通信サービスを提供するとしている。

楽天モバイルのユーザー数推移 FreetelやDMM mobileの事業承継による増加も

 MVNOサービス自体の停止について、同社の山田善久社長は「いつ止めるかは移行のスピードによるので明言できない」とした上で、「サービスとしては当面継続。できるだけ早くMNOへ移行してほしいが、ユーザーに迷惑が掛かってはいけないので(移行には)十分な期間を取る」と述べた。

 MVNO回線の提供元の1社であるNTTドコモの吉澤和弘社長は10月に、「MNOとして事業運営を開始するのなら、ネットワークを自ら構築してお客さんを収容していくのが本来の姿。MNOとMVNOを並行させて運営するのは違うと思う」と批判していた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.