ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2020年03月04日 07時00分 公開

みずほ銀・みずほ信託銀、Salesforceの金融業向けCRMを導入 グループで顧客情報を一元管理

みずほ銀とみずほ信託銀が「Salesforce Financial Services Cloud」を導入。クラウド型の顧客関係管理(CRM)/営業支援(SFA)ツールで、みずほFGは今後、顧客情報などをグループ全体で一元管理し、営業力の強化を目指すという。

[吉澤亨史,ITmedia]

 セールスフォース・ドットコムはこのほど、みずほ銀行とみずほ信託銀行に、クラウド型の顧客関係管理(CRM)/営業支援(SFA)ツール「Salesforce Financial Services Cloud」(FSC)を提供したと発表した。みずほフィナンシャルグループ(FG)は今後、顧客情報やノウハウをグループ全体で一元管理し、営業力の強化を目指す。

photo みずほ銀・みずほ信託銀が、Salesforceの金融業向けCRMを導入

 FSCは、顧客・見込顧客・営業案件に関する情報をまとめて管理できるツールで、金融機関に特化した機能を持つ。ユーザー企業は、顧客ごとに投資や資産運用といった金融商品のニーズを確認できるため、営業のアプローチを最適化できるとしている。

 みずほFGでは、これまで約6000人の行員がFSCを利用していたが、今回の導入によってユーザーを約1万6000人に拡大した。同ツールを活用して営業体制を強化し、個々人に最適なタイミングで付加価値の高い金融ソリューションを提案していくという。

photo 「Salesforce Financial Services Cloud」の画面イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.