ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年03月04日 10時54分 公開

Honeywell、「量子ボリューム64」の量子コンピュータを3カ月以内に市場投入

Honeywellが、3カ月以内に「量子ボリューム64」の量子コンピュータを市場に投入すると発表した。競合するIBMは1月に量子ボリューム32を達成したと発表している。

[ITmedia]

 米Honeywellは3月2日(現地時間)、3カ月以内に「量子ボリューム64」の量子コンピュータを利用可能にすると発表した。

 量子ボリュームは、量子ビット数とエラー率、量子ビット間の接続の質などを総合した量子コンピューティングの性能を定量化するための指標。例えば米IBMは1月、量子ボリューム32を達成したと発表した。

 HoneywellはWebサイトで公開した論文(リンク先はPDF)で、量子電荷結合デバイス(QCCD)アーキテクチャを実証したとしている。

 同社は、今後5年間、量子ボリュームを毎年1桁増加させる計画。

 また、JPMorgan Chaseと協力して量子アルゴリズムを開発することも発表した。

 同社は昨年、米Microsoftとのパートナーシップを発表した。このパートナーシップでは、「Microsoft Azure Quantum」サービスを通じてHoneywellの量子コンピュータへのクラウドアクセスを提供している。

 honeywell

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.