ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年03月14日 08時32分 公開

トランプ米大統領、「Googleが新型コロナのスクリーニングサイトを作った」(実際にはAlphabetが開発中)

トランプ米大統領が新型コロナウイルス拡大を受け、国家非常事態を宣言した。同氏は「Googleが全米で使えるスクリーニングサイトを作った。感謝する」と語ったが、実際にはAlphabetの医療部門がベイエリアでのテストを準備中だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ドナルド・トランプ米大統領は3月13日(現地時間)、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を受け、国家非常事態を宣言した。

 trump 国家非常事態を宣言するドナルド・トランプ米大統領

 この発表会見でトランプ氏は、米国民が「ドライブスルー形式」で利用できる罹患検査会場と、検査のためのスクリーニングを受けるためのWebサイト開設する計画も発表した。スクリーニングとは、共通検査によって目標疾患(この場合はCOVID-19)の罹患者を選別することで、この検査で罹患の可能性がある人はより精緻な検査を受ける必要がある。この計画には米Googleが協力しており、国民が最寄りの会場で検査を受けられるよう支援するスクリーニングのためのWebサイトを構築しているとして、「Googleに感謝したい」と語った。同氏によると、このプロジェクトのためにGoogleの1700人のエンジニアが取り組んでいるという。

 トランプ氏は「来週には数百万件の検査が政府指定の会場でドライブスルー形式で可能になるだろう」と語った。

 この会見の数時間後、Googleは公式Twitterアカウントで、Googleの親会社Alphabetの医療部門Verilyが「Covit-19のテストのためにトリアージを支援するツールを開発している」とツイートした。つまり、このプロジェクトに取り組んでいるのはGoogleの親会社だ。また、このプロジェクトはまだベイエリアでのテストを展開する計画を立てている段階だ。


 トランプ氏に続いてこのプロジェクトについて説明した連邦政府の新型コロナウイルス対策責任者、デビー・バークス氏が示したフローチャートによると、スクリーニングWebサイトにログインしてスクリーニングツールで検査し、もし感染の疑いがあるなら最寄りの会場にドライブスルーで検査を受けることになっている。この検査データは研究機関に送られ、結果がWebサイトで確認できるというものだ。

 trump 2 フローチャートで感染検査プロセスを説明するデビー・バークス氏

【更新履歴:2020年3月14日午後9時 「スクリーニング」についての説明を補足しました。】



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.