ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年04月03日 07時59分 公開

Facebook、メッセンジャーの単体デスクトップアプリをWindowsとMacで公開

Facebookが50人まで参加可能なビデオチャットもできる「Facebook Messenger」のMacおよびWindowsアプリを公開した。新型コロナの影響で、この1カ月でデスクトップのWebブラウザからMessengerのビデオチャットに参加する人が2倍以上になっていたとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは4月2日(現地時間)、動画チャットもできるメッセージングサービス「Facebook Messenger」のWindowsおよびMac向けアプリをそれぞれのアプリストアで公開した(記事下の「関連リンク」にリンクを追加しました)。

 messenger 1 Mac版Facebook Messenger

 Facebook Messengerは、これまでもWebブラウザでFacebookを開くことで利用できたが、単体アプリになることで、ブラウザでタブを探したりする必要がなくなる。Facebookは昨年のF8で、デスクトップアプリを年内に公開するとしていたが、それがようやく実現した。

 スマートフォンよりも大きい画面でビデオチャット(Web会議)ができる。Web会議サービス「Zoom」ではやっているオンライン飲み会もやりやすくなる。Facebook Messengerのビデオチャットに1度に参加できる人数は50人までだ。

 ダークモードに設定でき、GIFもサポートする。

 messenger 2 ダークモード

 Facebookによると、Facebook Messengerでの音声および動画チャットをデスクトップのWebブラウザから行うユーザーは、新型コロナウイルス感染症対策で家に留まる人が増えたこともあり、この1カ月で2倍以上になったという。

 ビデオ通話については、米Microsoftは「Microsoft Teams」のDAUが4400万人と3月20日に発表しており、米Zoom Video Communicationsは「Zoom」の利用者が2億人以上になったと4月2日に発表した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.