ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年04月20日 21時02分 公開

パナソニックもクリーンルームでマスク生産へ、医療機関への寄付などを検討

パナソニックは、新型コロナウイルス感染症による医療物資のひっ迫した状況を踏まえ、医療用に転用できる物資を寄付を初めとする支援策を発表した。

[ITmedia]

 パナソニックは4月20日、新型コロナウイルス感染症の影響による医療物資のひっ迫を踏まえ、医療用に転用できる物資の寄付をはじめとする支援策を発表した。社内のクリーンルーム(細菌やごみ、ほこりが入らないように設計した作業空間)を活用してマスク生産も始める。

 支援策は(1)事業活動のために備蓄している医療用手袋やゴーグル、防じん服、N95マスク、ゴム手袋などを寄付、(2)社内向けマスクを自社生産、医療用マスク生産を検討(3)次亜塩素酸を用いた除菌脱臭機「ジアイーノ」を医療機関に寄付、(4)医療物資製造のためにクリーンルームを提供、(5)病院向けの自律搬送ロボット「HOSPI」に除菌剤噴霧機能を搭載した空間除菌ソリューションを提供など。

 マスク製造は、主に社内向けマスクを生産し、外部調達を減らすことで、市場のマスク供給の安定化に寄与するとしている。また医療用マスクの生産についても検討し、医療機関への寄付など支援の拡充につなげる考え。「パナソニック、コネクテッドソリューションズ社が保有するクリーンルームにマスク生産設備を導入し、5月末を目標に生産を開始する。(場所は)京阪奈拠点などを検討している」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.