ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年04月21日 06時40分 公開

ゲーム実況サービス「Facebook Gaming」の単体Androidアプリ誕生(iOSは認可待ち)

Facebookがゲーム実況をスマートフォンで視聴するための単体アプリ「Facebook Gaming」をまずはAndroid版でリリースした。実況の視聴だけでなく、配信も可能な他、Facebookのカジュアルゲームもプレイできる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは4月20日(現地時間)、ゲーム実況サービス「Facebook Gaming」のスタンドアロンアプリを、まずはAndroid版としてGoogle Play Storeで公開したと発表した。

 6月にiOS版と合わせて公開する予定だったが、新型コロナウイルス感染症対策で自宅に留まる人が増えている中、公開可能になったAndroid版を前倒しで公開したとしている。

 gaming

 Facebook Gamingは2018年にFacebook内の1コーナー「Gaming Video」(日本では「ゲーム動画」)としてスタートしたゲーム実況サービス。「Facebook Messenger」と同様に、Facebook内の1機能だったサービスをモバイルで利用しやすいように単体アプリとしてリリースする。

 ゲーム実況サービスは、Facebook Gaming、米Amazon.com傘下のTwitch、(YouTube Gamingアプリは終了したものの)米Google傘下のYouTube Gaming、米MicrosoftのMixerなどが競合している。これらのサービスは互いの人気プレイヤーを引き抜き合っている。

 新アプリの主な機能はゲーム実況を見つけて視聴しながらコメント欄で繋がることだが、カジュアルゲームを友達とプレイする機能もある。

 また、自分でゲーム実況を配信することも可能だ。Facebookがアプリで提供するゲームはカジュアルゲームだけなので、Facebook外のゲームの実況を想定しているとみられる。アプリ自体は無料で、ゲーム内アイテムでマネタイズする。

 本稿執筆現在、「モータルコンバット」で人気プレイヤーが闘うチャリティーイベント「Kombat for a Kause」開始の秒読み段階だ。このイベントもFacebook Gamingアプリで視聴できる。

 gaming 2

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.