ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年05月12日 08時15分 公開

Twitter、新型コロナ関連の誤情報投稿にラベルや警告を表示

Twitterが、新型コロナウイルス感染症関連の誤解を招く情報拡散を防ぐため、問題のある投稿にラベルあるいは警告を表示する。内容が極端な場合は削除する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは5月11日(現地時間)、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連の誤解を招くような投稿および正当性について議論がある内容の投稿にラベルを追加したり、警告を表示したりすると発表した。

 ラベルは「COVID-19についての事実を見る」と青い字で表示される。

 twitter 1 誤解を招く投稿に追加されるラベル

 例えば5Gと新型コロナウイルスには関連性があるというツイートに表示されたラベルをクリックすると、「いいえ、5Gは新型コロナウイルスを引き起こしはしません」というメッセージと、関連するツイートが表示される。

 twitter 4 ラベルをクリックすると表示されるページの一例

 警告は議論を招くレベルが極端な投稿に付けられる。「このコンテンツの一部あるいはすべてが、公衆衛生の専門家が説明する新型コロナウイルスについてのガイダンスと矛盾する。詳しくはこちら」と表示される。

 twitter 2 正当性について議論がある投稿に表示される警告

 ラベルも警告も、これを無視してコンテンツを表示することもできる。誤解を招く投稿で内容が極端な場合は削除される。

 twitter 3 ラベル追加、警告追加、削除、放置についての説明

 ラベルと警告は、この発表以前に投稿されたツイートにも適用される。

 対象となるのは、ユーザーが報告するツイートだけでなく、TwitterのAIおよび人間が問題があると判断したものと第三者の「信頼できるパートナー」が問題ありと判断したツイートも含む。

 削除されるツイートの目安は、3月に発表されたものだ。ラベルを付ける対策は、2月発表の合成または操作されたメディアに関するポリシーでも採用された。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.