ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2020年06月09日 16時00分 公開

神奈川県HDD転売事件、元社員に有罪判決 情報機器をネットオークションで転売

神奈川県庁が使っていたHDDが転売され、個人情報などが流出した問題を巡り、東京地方裁判所が高橋雄一被告に懲役2年、執行猶予5年の有罪判決を言い渡した。

[谷井将人,ITmedia]

 神奈川県庁が使っていたファイルサーバのHDDが転売され、個人情報を含むデータが流出した問題を巡り、東京地方裁判所は6月9日、HDD流出元の情報機器リユース業者ブロードリンク(東京都中央区)に務めていた高橋雄一被告に対し懲役2年、執行猶予5年の有罪判決を言い渡した。

photo 神奈川県庁

 神奈川県庁は2019年12月、同庁が行政文書などを保存していたHDDを処分する過程で個人情報が流出したとして謝罪。当時、古いHDDの処分を担当したブロードリンクに務めていた高橋被告は、同庁のHDDを不正に持ち出し、ネットオークションで転売していた。

 高橋被告は神奈川県庁のHDDの他にも、同社で破棄を請け負っていたUSBフラッシュメモリやスマートフォン、タブレット端末などの転売を16年から繰り返していたとみられる。

 事件発覚後、ブロードリンクは全従業員の1割に当たる約30人を解雇し、東京と大阪を除く5カ所の事業所を閉鎖するなど事業規模を縮小。セキュリティ体制などの見直しを行い、20年3月以降は顧客企業の敷地内でデータ消去作業を行う「オンサイト消去」や、データ消去の過程を顧客企業にリアルタイム配信する「データ消去ライブ配信」などのサービスを展開している。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.