ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年06月23日 13時35分 公開

ソフトバンクG、米T-Mobile株を売却 最大約2兆円規模

ソフトバンクグループは、保有する米T-Mobile株のうち最大でおよそ2兆2653億円分の売却を始めると正式発表した。売却で得た資金は負債削減などに充てる。

[谷井将人,ITmedia]

 ソフトバンクグループ(SBG)は6月23日、保有する米T-Mobileの株式のうち、最大で約2億株の売却を始めると正式発表した。22日(現地時間)のT-Mobile株の終値で試算すると、売却価格は最大でおよそ2兆2653億円になる見通し。売却で得た資金は自己株式取得や負債削減に充てる。

photo ソフトバンクグループのWebサイト

 SBGが保有するT-Mobileの普通株式、3億460万6049株のうち、約65%に当たる1億9831万4426株をT-Mobileに売却する。取引は26日(米国東部時間)に完了する予定。SBGの株式保有率は16ポイント下がり約8%になる。

 同社はこれまでT-Mobileの取締役を4人まで指名できる権利を持っていたが、今回の取引を受け、指名できる人数は1人に減少。最終的な株式保有率次第では指名権を失う可能性もある。一方、これまでT-Mobileとの競業は制限されていたが、今後は解除の可能性もあるとしている。

photo T-MobileのWebサイト

 SBGは3月、負債削減などのため自社保有資産の最大4兆5000億円分を売却もしくは資金化する「自己株式取得と負債削減のための4.5兆円のプログラム」を発表。今回の売却もその一環。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.