ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2020年06月29日 14時36分 公開

前澤友作氏、「お金配りおじさん」を商標出願

前澤友作氏が、「お金配りおじさん」の商標を出願したと、Twitterで明かした。

[ITmedia]

 「【商標出願しました】 (C)お金配りおじさん 以後よろしくお願いします」――ZOZO創業者の前澤友作氏が6月29日、自身のTwitterにこう投稿した。前澤氏は昨年1月以降、Twitterのフォロワーに現金を配る企画を散発的に行っている。

 前澤氏は昨年1月の「お年玉としてで100人に100万円プレゼント」を皮切りに、Twitterのフォロワーに抽選でお金を配る企画を続けている。直近では、700万フォロワー突破記念として、1000人に10万円を配っていた。

 前澤氏は、フォロワーにお金を配る理由を、「お金を配るといろんな声が集まる。フォロワーも増える。それは起業家にとって事業作りのヒントやチャンスになる。みんなが喜ぶ事業を作ればまた儲かる。儲かったらまた配る。誰も損しない究極のエコシステム」だから、と解説している。

 従来は「お金ばらまき」と称していたが、「お金ばらまきというワードに抵抗がある方も多い」として「お金配り」に変えた。商標出願の理由は明かしていない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.