ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2020年07月07日 20時14分 公開

JR東日本の公式アプリ、山手線駅の混雑予測に対応 まずは池袋・渋谷・秋葉原など27駅

JR東日本が公式アプリに山手線内の混雑予測機能を追加する。渋谷駅や池袋駅など27駅に対応する。実装は7月下旬。

[ITmedia]

 JR東日本は7月7日、公式スマートフォンアプリ「JR東日本アプリ」(iOS/Android)に、山手線内の駅の混雑状況を予測する新機能を追加すると発表した。渋谷駅や池袋駅など27駅に対応する。実装は7月下旬の予定。

 公式アプリのメニューに「山手線内 駅混雑予測情報」を新設。タップすると、山手線の駅の一覧と、それぞれの混雑状況の予測結果を4段階に色分けして表示する。

photo 対象駅一覧とUIのイメージ

 特定の駅を選ぶと、ホームと改札の混雑予測を表示する。2日後までの混雑状況を予測できる。

 当初は、渋谷駅、池袋駅、原宿駅、秋葉原駅など27駅に対応する。新宿駅、東京駅、品川駅など残る10駅への対応は今後検討する。

 混雑予測の提供を通じて、新型コロナウイルスの感染が拡大する中で、乗客に駅の利用時間の判断につなげてもらう狙い。

photo 機能を使用する際の流れ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.