ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2020年07月08日 12時27分 公開

90年代の人気アーケード筐体が“手のひら”サイズに セガ「アストロシティミニ」12月発売

セガトイズが、1993年に発売したアーケード筐体「アストロシティ」を6分の1のサイズに再現した「アストロシティミニ」を12月に発売する。

[ITmedia]

 セガトイズは7月8日、1993年に登場したアーケード筐体「アストロシティ」を6分の1のサイズに再現した「アストロシティミニ」を12月に発売すると発表した。価格は1万2800円(税別、以下同)。

photo
photo “手のひら”サイズになった「アストロシティミニ」

 実機オリジナルのデザインを忠実に手のひらサイズで再現した。樹脂製の筐体や、操作ボタンなどはアストロシティの実機と同じ素材を採用。ジョイスティックも当時の基本設計を忠実に再現したという。

 格闘ゲーム「バーチャファイター」やシューティングゲーム「ファンタジーゾーン」を始め、セガのゲーム作品のうち36タイトルを収録する。

photo 収録タイトルの一部

 本体のサイズは130(幅)×170(高さ)×170(奥行き)mm。付属のHDMIケーブルでテレビなどモニターへの接続が可能。本体に接続すると2人プレイができるコントロールパッドも発売する。価格は2780円、サイズは150(幅)×30(高さ)×67(奥行き)mm。

photo 本体に接続して2人プレイができるコントロールパッド

 セガグループ設立60周年を記念して発売する。本体に樹脂を採用したアストロシティは従来の金属製筐体よりも軽量化を実現。全国のゲームセンターから支持を集め、約5万台を納入したという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.