ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2020年07月09日 21時35分 公開

九州豪雨、81歳女性死亡 “電脳女将”などTwitterで精力発信する旅館「つるや隠宅」のおかみ 家族もいまだ行方不明

大分県で旅館「つるや隠宅」を営む81歳の女性が、7日深夜から8日未明にかけて起きた記録的な豪雨の影響で死亡した。同旅館はTwitter活用で知られていた。

[井上輝一,ITmedia]

 大分県は7月9日、7日深夜から8日未明にかけて起きた記録的な豪雨の影響で由布市内で発見された遺体が、行方不明になっていた渡邊登志美さん(81歳)であると発表した。渡邊さんは、Twitter活用で知られる同市由布院の温泉旅館「つるや隠宅」のおかみ。

 つるや隠宅は、Twitterでゲーム情報などデジタルコンテンツを積極的に発信している温泉旅館。公式マスコットキャラクターとして「電脳女将・千鶴」を生み出し、スマートフォンゲームとのコラボ企画なども行っていた。

旅館つるや隠宅公式サイト

 同旅館は「千鶴」のTwitterアカウントで、「湯平温泉は無事」と7日午後9時ごろにツイート。しかしそれを最後に投稿が途絶えている。

 大分合同新聞などによれば、8日未明の豪雨で同旅館を営む家族4人の行方が分からなくなったという。自動車を使い家族で避難しようとしたところ、増水した河川に流された可能性が高いとしている。

 自動車に同乗していたとみられる、50代夫婦と20代息子については9日午後8時時点で「行方不明」(大分県)だという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.