ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年07月21日 06時43分 公開

GoogleのPixelカメラ牽引のマーク・レボイ教授がAdobe入り 「Camera」や「Sensei」に取り組む

「Pixel 4」の高度なカメラ技術開発を担当したマーク・レボイ教授がAdobeのフェローに就任した。3月にGoogleを退社した同氏はAdobeでカメラアプリの「Photoshop Camera」などに取り組む。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleを3月に退社したPixelシリーズのカメラアプリ技術で知られるスタンフォード大学の名誉教授、マーク・レボイ氏が7月20日(現地時間)、米Adobeに入社した。Adobeが米The Vergeなどにメールで認めた。

 レボイ氏はAdobeで、カメラアプリの「Photoshop Camera」やAdobe Researchの各種プロジェクト、「Adobe Sensei」などに従事する。同氏のLinkedInによると、肩書きはバイスプレジデント兼フェローとなっている。

 levoy マーク・レボイ氏のLinkedIn

 同氏はスタンフォード大学のコンピュータサイエンスの教授でコンピュータグラフィックスが専門。2003年からGoogleのコンサルタントを務め、2014年にDistinguished EngineerとしてGoogle入りした。GoogleではPixelシリーズのカメラ技術の開発に取り組み、2019年の「Made by Google」イベントでは「Pixel 4」の高度なカメラ技術について解説した。

 levoy 2 Pixelのカメラ技術について解説するレボイ氏

 Pixel 4は高性能なカメラを搭載したものの、その価格の高さなどにより販売が伸びず、それがレボイ氏退社の一因になったとみられている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.