ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2020年08月20日 13時03分 公開

Oracle、「Autonomous JSON Database」発表 クラウド上のスケーラブルなJSONデータベース

米Oracleが「Oracle Autonomous JSON Database」を発表。99.995%の可用性とACIDに対応した高性能なトランザクション機能を搭載。その上でJSON形式の柔軟なデータを扱えるデータベースだ。

[新野淳一,ITmedia]

この記事は新野淳一氏のブログ「Publickey」に掲載された「オラクル『Autonomous JSON Database』発表。クラウド上のスケーラブルなJSONデータベース」(2020年8月19日掲載)を、ITmedia NEWS編集部で一部編集し、転載したものです。

 米Oracleはこのほど、Oracle Cloud上の新たなデータベースサービスとして「Oracle Autonomous JSON Database」を発表しました。

photo

 オラクルはクラウド上で自律的に動作するデータベースサービスとして、トランザクション処理向けの「Oracle Autonomous Transaction Processing」と、データウェアハウス向けの「Oracle Autonomous Data Warehouse」をすでに提供しています。

 今回発表された「Oracle Autonomous JSON Database」は、新たにAuttonomousシリーズに加わったデータベースサービスです。

ACIDに対応したトランザクションも

 Autonomousシリーズはいずれもデータベース自身が自律的にプロビジョニングやチューニング、バックアップ、セキュリティパッチ適応、自動復旧などを行う仕組みを備えており、それによりスケーラブルで高い性能を維持しつつ、人間の手が介在しない分セキュアで高可用性を実現するといった特長を備えています。

 「Oracle Autonomous JSON Database」もその特長を引き継いでおり、99.995%の可用性とACIDに対応した高性能なトランザクション機能を搭載。

 その上でJSON形式の柔軟なデータを扱えるデータベースとなっています。

 通常のJSON形式のデータはもちろん、バイナリ形式のJSONファイルも最大32MBまで保存可能。

 JSONデータベースへのアクセスは、主要なプログラミング言語に対応したドライバからの呼び出しのほか、RESTful API、コマンドラインインタフェースにも対応。SQLを用いたクエリの実行にも対応しています。

 料金は8 OCPU(1 OCPUは、ハイパースレッディングが有効なXeonプロセッサの1物理コア相当のCPU性能)と1TBストレージで1時間あたり2.74ドルから。

 また、Oracle Cloudでは期限なく無料で使える「Always Free」を提供しており、Autonomous JSON Databaseも無料の範囲で試すことができるようになっています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.